化粧水をたっぷりとつけても浸透している気がしないという方に、肌の奥までしっかりと潤してくれる高浸透の化粧水をご紹介しています。ナノ化などによって浸透力を高めているだけでなく、浸透した保湿成分を長時間肌内部に留めてうるおいをキープしてくれるものを厳選しましたので、ぜひご覧になって下さい。

化粧水が浸透しない理由は?

多くの化粧水は顔の表面を塗らしているだけ!
化粧水をつけても浸透している気がしなかったり、すぐに乾燥してしまう場合は、保湿成分が肌の内部まで届いていないことが多いです。一般的な保湿成分は分子が大きいため、角質層に浸透せずに弾かれてしまいます。ですから、すぐに蒸発して乾燥してしまうのです。

肌の内部まで浸透させるためには、保湿成分の分子を小さくして浸透力を高める方法が一般的です。また、敏感肌や肌荒れなどで肌の状態が悪くなっていると、肌細胞の配列が崩れてしまっているので、肌の奥まで届かないということにもなってしまいます。

実は肌の表面だけを濡らしているだけだったということにならないためにも、浸透力のある化粧水をしっかりと選ぶようにしましょう。

浸透力のある化粧水を選ぶための3つのポイント

保湿成分がナノ化されているもの

先ほど記載したように、多くの保湿成分は分子が大きいため、そのままの状態だと肌の奥まで浸透させることはできません。ナノ化処理を施すなどして、分子を小さくして浸透力を高めているものを選ぶようにしましょう。また、どんな成分がナノ化されているのかをチェックするのもおすすめです。

ラメラ構造を整えて保湿成分の浸透を良くしてくれるもの

敏感肌など肌の状態が悪いと、ラメラ構造が乱れているため、保湿成分が浸透するのを阻害してしまいます。ですから、ラメラ構造を整えて、保湿成分の通り道を作ってあげることが重要となります。ラメラ構造を整えるとバリア機能が高まり、敏感肌の改善にも繋がってきますので、浸透力アップ以上の効果が期待できます。

保湿成分の蒸散を防いでくれるもの

保湿成分は肌の奥まで浸透しても、ある程度すると蒸散してしまうため、肌は乾燥してしまいます。肌の奥まで浸透した保湿成分をできる限り肌に留めておくことが、肌の乾燥を防ぐ上で重要となります。そこで、保湿成分の蒸散を防いで保水力を高めてくれる成分が配合された化粧水を選ぶことをおすすめします。

浸透力でおすすめの化粧水はこちら!

浸透力で選ぶならアヤナスの化粧水で決まり!
ヒト型ナノセラミドで浸透力アップ
⇒ 角質層の保湿に欠かすことのできないセラミドをナノ化して配合しています。しかもヒト型セラミドなので、肌に馴染みが良く、高い浸透力が期待できます。
ラメラ構造を整えるコウキエキスを配合
⇒ 乱れたラメラ構造を整えてくれるコウキエキスをたっぷりと配合しています。肌内部の炎症を抑えてくれるので、敏感肌の解消も期待できます。
うるおいを閉じ込めるトリプルモイスチャー処方を配合
⇒ 角質層の上層部を覆い、保湿成分の蒸散を防いでくれるトリプルモイスチャー処方を配合しているので、長時間にわたって保湿効果を持続できます。

ナノ化+ラメラ構造修復+蒸散防止で浸透力を高めててくれるのはアヤナスの化粧水だけ!